沿革

HOME≫ 会社案内 ≫ 沿革

沿革

大正8年9月 中央電気商会を改組し、応用電気株式会社(資本金100万円)を設立。
電気機械や器具の販売と電気工事業。
昭和19年9月 戦時下、電気工事業整備要綱に基づき、関東配電株式会社(現・東京電力株式会社)の資本参加のもと当社をはじめ、協立興業株式会社等同業7社と共に関東電気工事株式会社 (現・株式会社関電工)を統合設立。
昭和22年11月 当社の工事部門を株式会社関電工に移譲後、電気工事材料の販売を開始。
昭和25年4月 損害保険の代理店業務を開始。
昭和45年2月 応用電気株式会社から関工商事株式会社に、社名を変更。
平成元年5月 港区赤坂から文京区湯島(関電工湯島ビル)に、本社を移転。
平成3年3月 港区赤坂に賃貸ビル、赤坂KSビルを新築。
平成3年4月 資本金を1億円に増資。千葉営業所開設。
平成3年8月 静岡営業所開設。
平成4年2月 栃木営業所開設。
平成4年10月 神奈川営業所開設。
平成6年9月 多摩営業所開設。
平成7年8月 (八潮)配送センター開設。
平成8年4月 埼玉営業所開設。
平成8年7月 群馬営業所開設。
平成13年7月 茨城営業所・東北営業所開設。
平成22年12月 文京区湯島から台東区東上野(NBF上野ビル)に、本社を移転。
平成26年9月 東北営業所閉鎖。
平成29年7月 福島営業所開設。
ページトップへ